お電話でのご相談はこちら 

main_title
インプラント治療での活用
 2009年の11月に歯科用コーンビームCTを導入しました。 正直大変高価な買い物でしたが、その威力は絶大です。外科系である歯科医療には「見える」ことは非常に重要であり、これまでの通常のレントゲンでは見えなかった部分が如何に多かったということを感じています。
 まずはインプラント治療に関して。
 当 院でインプラント治療を始めた当時はCTを撮ることはインプラントの初心者で慣れていないからだ、という風潮さえありました。 しかしちょうどインプラント計画用のシミュレーターソフトの後発品がいくつか出始め、また医科用のCTをパソコン上で見るためのフリーのビューワーが出回り始めたこともあり、伊勢崎市民病院に依頼する筋道を作り、必要な患者さんでは積極的に撮影を依頼していました。 しかし医科用のヘリカルCTでは解像度が不十分、被爆量が大きい、撮り直しができないなどの問題がありました。 したがって、手術後の確認や予後の評価などの撮影は不可能でした。
 インプラントを取り巻く環境はここ3年、5年と非常に変化が早く、現在ではむしろCT撮影をしないインプラント治療はあり得ないという風潮になっているようです。 前述のように手術後や予後の評価のことを考えると、自院のCT設置も常識になってくると思います。
抜歯・根管治療での活用

親知らずの抜歯  
 例えば埋伏智歯、すなわち骨に埋まっている親知らずが、下顎管という太い神経・血管の通り道に近接している場合があります。 このような親知らずを抜歯しなければならない場合、平面的なレントゲンでは重なってしまうためにどのような位置関係にあるか実態が分からない場合があります。この時、CT撮影によって実際に近接しているのか、それとも離れているのか、また立体的にはどのような位置関係にあるか、等を見ることができます。
根管治療  
 通常の根尖病巣の見え方もだいぶ異なります。 通常のレントゲンでも病巣の存在は見えますが、CTによる画像でより確実に見ることができます。 特に複数の根がある歯では、通常のレントゲンでは根が重なって見えてしまうため、ワケがわからないことがあります。 CT像ではこれが分離して見られるため、はっきりと分かる場合があります。  さらに病巣の広がりも、立体的に把握することができ、根管からのアプローチ、外科的なアプローチいずれにおいても非常に役に立ちます。
様々な病変の診断

 開業医の立場として、大学病院等の口腔外科専門医へ送るべきかどうかの確定と、さらに患者さんへの説明にCTは大いに役立ちます。  
 Aさんは下顎の総義歯が合わなくなったということで来院されました。しかし、どう見ても通常の「合わない」状態ではありませんでした。 通常のパノラマX線写真でも不明瞭な不透過像が下顎骨に見られたのですが、 CTを撮影してみると明らかな病変とその広がりが分かり、嚢胞性の病変だろうと診断できました。 患者さんにも画像を見て頂いて納得してもらい、病院歯科口腔外科に紹介しました。 
 また、Bさんは、痛みはないものの上顎の大臼歯部(歯の欠損部)が腫れ、膿が出たということで、内科を受診したあとに来院されました。 かなり以前に蓄膿の手術をしたということで、術後性頬部嚢胞が疑われましたが、CTを撮影してみるとやはり上顎洞に異常が認められました。 かつての蓄膿症の手術(上顎洞根治手術)あとになって骨の中に嚢胞ができる事が多いのです。 特にこの患者さんの場合、上顎洞頬側の骨が一部消失してしまっており、、そこから内容物が口腔内に漏れでてきたと推測されました。 近所の耳鼻科の先生にCTを見て頂き、治療を依頼しました。
スタッフブログ
荒木田歯科医院のブログ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 院長ご挨拶
 院内紹介
 歯周病治療
 義歯(入れ歯)
 インプラント
 CTによる診断
 マイクロスコープを使った治療
 アクセス

荒木田歯科医院
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。